Report

 

Tokyo Graphic Passport 2009

2009年10月11日と12日の2日間に渡り開催されたカンファレンスTokyo Graphic Passport。

会場には連日、デザイン、アート、ファッション関係者や国内外のプレス関係者、クリエイターを目指す学生などが集い、総勢2000名もの動員数を記録。クリエイティヴ・ジャンルにおいては、日本最大級のカンファレンスとなった。

11日、ベルサール原宿にて開催されたTokyo Visualist Symposiumでは、優れたヴィジュアルを生み出す日本人アーティスト(ヴィジュアリスト)を招き、各自のバックグラウンドや具体的な制作方法など、多種多様な講演が行なわれた。登場した6人のスピーカーは、スクリーンにそれぞれの作品を上映しながら、対談及び講演方式によるプレゼンテーションを敢行した。

続く12日、九段会館で開催されたInternational Magazine Conferenceでは、オープンの朝10:30から19:45のクローズまで、終日で総勢1000名もの人々が会場に集結。世界レベルで第一線と評されるクリエイティヴ・マガジンを手がけるアートディレクター、編集長によるプレゼンテーションは、インターネットが普及する現代社会において、改めて雑誌の真価について考える機会となったと同時に、日本における世界のトップクリエイターへの期待度が伺えるイベントとなった。

Videos

Photos

Info

1011 DIGEST VIDEO

1012 DIGEST VIDEO

GRAPASS on flickr

About Tokyo Graphic Passport

Info