Exhibitors

9.23(Thu) - 9.24(Fri) Graphic Design

9.23(Thu) - 9.24(Fri) Photography

9.25(Sat) - 9.26(Sun) Art + Illustration

9.25(Sat) - 9.26(Sun) Motion Graphic + Interactive

1986年、東京都新宿区生まれ。中学時代、ASAHI PENTAX SLを祖父から譲り受けたことをきっかけに写真を始める。高校時代、独学で銀塩写真の現像プロセスを習得し、その後大学で本格的に銀塩写真、デジタル写真を修学。現在は福島県で天文インストラクターを勤める傍ら、写真家として活動を続けている。

2009年、Central Saint Martinsを卒業後、イメージ制作に特化した活動を行なっている。「可視」と「不可視」を駆使した間接的なコミュニケーション手法で、目に見えない情報を鑑賞者へと提供している。通常は重点を置かれる作品の一部を隠すことで、見落としがちな他のパーツを際立たせるような作品を手がけている。

1975年、千葉県生まれ。96年にCLUE選抜展、97年、「5th International Exhibition MILANO-TOKYO」(東京・ミラノ)、98年、多摩秀作美術展などのグループ展に参加。2000年、創形美術学校ファイン・アート科卒業。01年、創形美術学校研究科絵画課程修了。

http://works.kakuunohito.com

沖縄・八重山を舞台に、眼には見えない世界や此岸と彼岸、マブイ(魂)の姿を追い続けている写真作家/一級建築士。2008年、第33回JPS展優秀賞受賞。『アサヒカメラ2009年1月増大号』フロント・グラビア掲載。09年、ニコンサロンにて「魂は廻る—マブイハメグル」展開催、日本写真芸術学会奨励賞受賞。10年、第35回JPS展優秀賞受賞。

1973年、東京都生まれ。97年、文化学院卒業。東京綜合写真専門学校中退。2006年より個展「風速0」を青山のWALLにて開催し、同名写真集をWALL出版より発行。パリのgalerie AAA(06年)、おろちショールーム(07年)、グラニフ・ギャラリー(08年)、レントゲンヴェルケ(10年)など、多数の個展やグループ展を開催/参加している。