Programs

Conference

Exhibition

Portfolio viewing award

Workshop

Workshop

Tokyo Graphic Passport クリエイティヴ・パートナーによる、様々なテーマのワークショップ・トークセッションを行います。常に時代の先を見つめるスピーカーたちによる貴重な声は、きっと次のクリエイティヴを生み出す為のヒントとなるでしょう。
※会場は2ヶ所となりますので、ご注意下さい。

9月23日(木)

“Open Source Creativity” presented by Mozilla Japan

近年、あらゆる業界において注目を集める「オープンソース」という概念を様々な視点から考察。これからのクリエイティブに重要な「アイデアを共有すること」の可能性を紐解きます。

Date:9.23 (Thu)
Time:14:00 - 16:00
Price:無料
Venue:3331 Arts Chiyoda 1Fラウンジスペース

Speaker:瀧田佐登子(一般社団法人 Mozilla Japan 代表理事) http://mozilla.jp
1996年、⽇本ネットスケープ・コミュニケーションズに⼊社後、⽶国の開発現場でブラウザ製品の国際化・⽇本語化の開発に携わる。98年、ネットスケープがブラウザの設計図であるソースコードを公開した際、開発者のひとりとして当時の現場を体験。その後、ネットスケープの技術を継承し、独⽴したオープンソース・プロジェクトとなった「Mozilla Project」において活動を続け、次世代ブラウザ「Firefox」を始めとしたMozilla 製品の広報、技術やオープンソースの普及・啓蒙を⽬的とした⾮営利法⼈Mozilla Japanを2004年に設⽴し、06年代表理事に就任。07年より慶應義塾⼤学⼤学院⾮常勤講師を務める。

Speaker:林千晶(株式会社ロフトワーク 代表取締役・PMO) www.loftwork.jp
新しいスタイルの制作代理店・株式会社ロフトワークの共同創業者、代表取締役・PMO(Project Management Office)。14,000人が登録する日本最大級のクリエイターコミュニティを核として、Web開発、コンテンツ制作、映像、広告プロモーションなど信頼性の高いクリエイティブサービスを提供。またクリエイターとのマスコラボレーションの基盤として、いち早くプロジェクトマネジメント(PMBOK)の知識体系を日本のクリエイティブ業界に導入。米国PMI認定PMP。米国NPOクリエイティブ・コモンズ アジア・プロジェクト・コーディネーターも務める。

Moderator: NOSIGNER www.nosigner.com
「見えない物をつくる職業」という意味をもつNOSIGNER(ノザイナー)として活動。社会的意義を踏まえたデザインを通し、空間、プロダクト、アートディレクションなど複数の領域において国際的にも高い評価を得ている。NY ADC Young Guns 7、D&AD賞など、受賞歴多数。「OPEN SOURCE PRODUCT」ファウンダー。

9月26日(日)

“Idea of WOW id” presented by WOW

デザイナー達の個性を最大限に引き出すためのプロジェクト、WOW id。その根底にある概念や創造性とは何か。映像プロダクションWOW初となるトークセッション。

Date:9.26 (Sun)
Time:13:30-15:00
Price:無料
Venue:3331 Arts Chiyoda 1Fラウンジスペース


Speakers
金原朋哉(SIGGRAPH 2010 / onedotzero2010受賞)
柴田太平(SIGGRAPH2010 / onodotzero2010 / アジアデジタルアドアワード2010大賞受賞)
Shi Lin
東市篤憲(WOW id プロデューサー)

Moderator
齋藤あきこ(white-screen.jp

WOW Profile
東京と仙台、フィレンツェに拠点を置くヴィジュアル・デザイン・スタジオ。CMやVIといった広告におけるさまざまな映像表現から、展示スペースにおけるインスタレーション映像、メーカーと共同で開発するユーザー・インターフェイスのデザインまで、既存のメディアやカテゴリーにとらわれない、幅広いデザインワークを展開。さらに最近では積極的にオリジナルのアート作品を制作し、国内外でインスタレーション展示を多数実施。作り手個人の感性を最大限に引き出しながら、ヴィジュアル・デザインの社会的機能を果たすべく、映像の新しい可能性を追求し続けている。

www.w0w.co.jp

“Idea of WOW id” presented by WOW

世界を舞台に活躍するバルーン・アーティスト、Rie Hosokai(daisy balloon)による、バルーンで文字を作成するワークショップ。バルーン制作の基礎から創造性溢れるフォントの制作、文字を並べた単語の制作まで、一連のプロセスを学べます。

Date:9.26 (Sun)
Time:15:30-17:00
Price:無料
Venue:3331 Arts Chiyoda 1Fラウンジスペース

Lecture:Rie Hosokai(daisy balloon) www.riehosokai.com
世界を舞台に活躍するバルーン・アーティスト Rie Hosokai(daisy balloon)。卓抜した技術と研ぎ澄まされたファッション性で、バルーン・ドレスの世界大会 Millenniumjam Fasion Awardに2年連続で優勝するほか、バルーン・アートの主要コンテストを席巻する。国内外を問わず今最も熱烈なオファーを受けるアーティストであり、バルーンの楽しみをストレートに伝えるパフォーマンスは多くの人々を魅了し続けている。

About ANIMAL FONT
Rie Hosokai(daisy balloon)とグラフィック、ウェブ、スペース、プロダクトなど、幅広い領域のデザイン・ディレクションを行なうデザイン・プロダクト・スタジオKOTENHITSが手がける、環境問題をテーマにバルーンで作られた動物フォント。バルーンが熱に弱いことを受け、温暖化の影響による生態系の変化から、絶滅の危機に瀕している動物の状況を訴えたプロジェクトであり、iPhoneアプリやエキシビション展開などさまざまな活動を続けている。

www.kotenhits.com www.antenna7.com

“Query” presented by HITSPAPER

日本在住のスイス人デザイナーso+baによる、タイポグラフィ実践講座。手作業で行なう文字作りを体験しながら、Helveticaの生まれた国直伝のタイポグラフィにおける基本の哲学を学べます。

Date:9.26 (Sun)
Time:13:00-15:00
Price:税込¥3000(材料費込み)
Venue:3331 Arts Chiyoda B1F マルチスペース

Lecture:so+ba


お申し込み方法
※予定人数に達したため、お申し込みを締め切らせていただきました。

so+ba Profile
日本在住のスイス人、Susanna Baerと Alex Sondereggerの2人によるデザイン・ユニット。2001年、東京にてデザイン・スタジオ、so+baを設立。スイスと日本という全く異なるふたつの文化への深い理解と、両国でグラフィック・デザインや広告に携わってきた経験を持つso+baにとって、クロスカルチャー・コミュニケーションは、彼らのテーマであり、最も得意とする分野でもある。主にグラフィック・デザイン、アート・ディレクション、VJを行なう傍ら、多摩美術大学でタイポグラフィの教鞭を執る。

www.so-ba.cc

“Norway Graphic Design” presented by Bleed

ノルウェーを代表するクリエイティヴ・チーム Bleedを講師に迎え、アート・プロジェクトのブランディングを学ぶワークショップ。彼らが手がける、ノルウェーの画家・ムンクの生誕150周年を記念した大規模な企画展のブランディングを例に、参加者はグループごとに企画のアイデアを練り、プレゼンテーションを行ないます。北欧流のアイデアやデザインの思考が学べる貴重な機会です。

Date:9.26 (Sun)
Time:16:00-18:00
Price:¥2000(税込み)
Venue:3331 Arts Chiyoda B1F マルチスペース

Lecture:Bleed


お申し込み方法
「ワークショップタイトル・お名前・参加人数・ご職業・デザイン経験の有無・メールアドレス」を明記の上、こちらまでメールをお送りください。
※参加者に限りがあるため、予定人数に到達次第お申し込みを締め切らせていただきます。

Bleed Profile
2000年に設立された、ノルウェー・オスロを拠点に活動するデザイン・コンサルタンシー。アート・ディレクション、アイデンティティ、紙媒体、パッケージ、インタラクティヴ・デザインなど多岐に渡る分野で活動を続け、数多くのデザイン・アワードで受賞経験を持つ。クライアントにはPepsi、Deutsche Bank、IKEA、Hermèsなどの大企業が名を連ね、プロダクト・デザイナーやファッション・ブランドとのコラボレーションも多数。グラフィック以外の分野でもその名は欧州で知れ渡り、各方面で高い評価を得ている。

www.bleed.no

※ワークショップの参加者、内容は予告なく変更することがございます。予めご了承ください。