OUTLINE

Graphic Designの魅力で世界をひとつに結びつけ、未来のあるべき社会を考える「Think Touch Talk」をテーマに世界を巡るイベントが、今秋、東京でも開催されます。今年で4年目となる東京開催は、神田にある旧電機大学11号館校舎をまるごとアートセンターへと変貌させるプロジェクト「TRANS ARTS TOKYO」の16階フロアにて開催。地上16階という立地に彩られたスペースに、約10組のクリエイターが展示・制作・トークショーなど様々な独自プログラムで展開する「OPEN STUDIO GALLERY」、その参加クリエイターが教鞭を握る実践的なワークショップ「GRAPASS ACADEMY」、また交流スペースとしても使える「SKY LOUNGE」や、デザイングッズを購入できる「CREATIVE STORE」など新しい試みや見所が盛り込まれます。Creativityを刺激し合うデザインに包まれた空間が2012年秋に誕生します。
※TRANS ARTS TOKYO への参加料は、期間中何度も使えるパスポート制です

PROGRAM

Open Studio / Gallery Pt2.

11.8 Thu - 11.25 Sun

#1604

“Alliance Of Designers, Japan”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Shun Kawakami / artless

Conductor of Design / Artist

1977年、東京/深川生まれ。artless Inc. 代表。日本の伝統美と現代的感覚の織り交ぜ、古典技法と現代技法を組み合わせたアートとデザインの境界に位置する「芸術としてのデザイン」を探求している。 その領域は多岐にわたり、 アート、 デザイン、タイポグラフィック、インタラクティブ、ビデオ、インスタレーションなど、アートとデザイン双方から多方面へアプローチを続け、グローバルに活動を行う。2008年「NY ADC: Young Gun 6」受賞、2009年経済産業省主催「感性展」(印刷部門)にてアートブックを制作展示。2010年「カンヌ国際広告祭」で金賞を受賞。その他、シンガポールデザインフェスティバル、上海デザインビエンナーレ、DMY(ベルリン)、ミラノサローネ、TENT LONDON、+81 magazine 10th Anniversary at ESSO Gallery(ニューヨーク/チェルシー)等、内外でのエキシビションやフェスティバルにも参加。NY ADC、D&AD、The One Show、 London International Award 、NY TDC、Tokyo TDC、グッドデザイン賞、Tokyo Interactive Ad Award 等、国内外で多数の受賞歴を持つ。

www.artless.co.jp
www.shunkawakami.jp

1/9

#1604

“Alliance Of Designers, Japan”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Masashi Kawamura / PARTY

Creative Directer / Film Directer

1979年東京生まれ、サンフランシスコ育ち。博報堂、BBH Japan、180 Amsterdam、BBH New York、Wieden & Kennedy New Yorkといった広告代理店を経て、現在東京とニューヨークを拠点とするクリエイティブ・ラボPARTYを設立し、クリエイティブディレクターとして在籍。ToyotaやGoogleそしてUniqloの上海店といったブランドのグローバルキャンペーンを手がけつつ、「Rainbow in your hand」のようなプロダクト・デザイン、SOUR「日々の音色」や androp「Bright Siren」ミュージックビデオのディレクションなど活動は多岐に渡る。主な受賞歴に、カンヌ国際広告祭ゴールド、文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門最優秀賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル、NY ADCゴールド、One Show Designグランプリ、等。2011年Creativity誌によって「世界のクリエイター50人」そして2012年Fast Company誌「100 most creative people in business」に選ばれた。

www.masa-ka.com

2/9

#1604

“Alliance Of Designers, Japan”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Eisuke Tachikawa / NOSIGNER

Design Architect

NOSIGNERは、問題を提起し、解決するために活動する日本発のデザインファームです。目に見えるものだけがデザインでしょうか。自然のすべての形には理由があり、その理由は状況と深く関わっています。我々は、状況とデザインの間にある目に見えない関係が最適化されたデザインこそが、最も美しく、最も機能するデザインだと考えています。NOSIGNERとは「見えないものをデザインする人」という意味の造語です。本質的な問い・強力な関係性・美しい造形の発見から、根源的体験を生み出すために、NOSIGNERはトップレベルの専門家が領域を横断して集う場として機能しています。状況のリサーチ、仮説立案、デザイン制作のプロセスを通して、日夜美しいデザインを作り出してきた結果、NOSIGNERの活動からは、現在までに多くのデザイン主導のイノベーションが生まれてきています。特にブランディング・アートディレクション・プロダクト開発・空間デザインの分野においては、数々のプロジェクトの成功によって30以上の国際的な賞を受賞し、また社会課題の解決を目指す自発的なデザイン活動は、国を超えて高く評価されています。

http://nosigner.com

3/9

#1607A

“UK GRAPHICS”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

+81 Gallery

+81Gallery+Labは、カプセル・コンセプト・ギャラリーをテーマに、国内外の若手アーティストの作品を展示紹介するほか、展示、作品集の制作、販売から海外展開までの一環サポートを掲げ、若手アーティストの育成を図るプロジェクトとしてスタートしました。小さなスペース・ギャラリーから若いアーティストが、世界に向かい飛躍するためのリアルな実験的ギャラリーを目指しています。

www.plus81.com

4/9

#1607B

“SENSELESS DRAWING BOT #2”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

yang02

Artist / Designer

神奈川県茅ヶ崎市生まれ。2009年多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン研究領域修了。身体性の伴った文字表現や、公共性などを主なキーワードに、デジタルメディアを基板とした研究/制作活動を行う。2012年文化庁メディア芸術祭アート部門新人賞受賞。Mediacity Seoul 2012(韓国、ソウル)など、国内外のフェスティバルや展覧会に多数参加し作品を発表している。

http://yang02.org/

5/9

#1607B

“SENSELESS DRAWING BOT #2”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

So Kanno

Artist / Designer

武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科 卒業情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科メディア表現専攻修了電子回路やプログラミングを用いて、複数のテクノロジーの特性を結びつけることにより新たな表現を生むことを目指し作品を制作している。作品を用いてのライブや、キット化、ワークショップも行っている。

6/9

#1608B

“so+ba studio”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

so+ba

Graphic Designer / Art Director

スイス人のAlex SondereggerとSusanna Baerによる、日本拠点のデザイン・ユニット。2001年に東京にて「so+ba」を結成。スイスと日本で培ったデザイン/広告業界での経験と、異なる2つの文化への深い理解を生かし、異文化間のコミュニケーションに特化した制作活動を行なっている。グラフィック・デザイン、アートディレクション、サウンド・ヴィジュアライゼーションなどの分野で活躍する一方、多摩美術大学ではタイポグラフィを指導している。

www.so-ba.cc

7/9

#1609A

“Proposition I”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Takeshi Hamada (B)

Graphic Designer / Art Director

グラフィックデザイナー。2003年よりフリーランス。CDジャケット やポスター、ファッションカタログ、書籍、その他エディトリアル等主に印刷物デザイン、及びそれに関わるグラフィック制作や、ビジュアルのディレクションなどにおいて活動。2012年より、メイクアップアーティスト AKII とのコラボレーションワーク“(B)”をすすめている。

www.hamada-takeshi.com
www.akii-makeup.com

8/9

#1609B

“正義の部屋” - 連日トークショー -

Time: 19:15-20:45 *closed on Monday & Tuesday

Masayoshi Kodaira

Art Director / Graphic Designer

1970年、大阪生まれ。アキタ・デザイン・カンを経て1997年独立。フレイム主宰。最近の仕事に「アートフェア東京」「ローリングストーン日本版(2012年8月号より)」などのアートディレクション・デザイン、代官山 蔦屋書店内スターバックスコーヒーの壁面アートワーク、BAO BAO ISSEY MIYAKE とのコラボレーション、ラフォーレ原宿の広告・CMなど。D&AD 銀賞、THE ONE SHOW 銀賞、東京ADC賞など受賞。

www.flameinc.jp

Guest List

9日:菱川勢一 / 10日:ジョー横溝 / 15日:けんちく体操 / 16日:大塚いちお
17日:ローリング・ストーン日本版 編集部 / 18日:河尻亨一 22日:アートフェア東京
23日:川上俊ほか / 24日:重冨健一郎(I&S BBDO)

※参加費無料

※Trans Arts Tokyo閉館後の開催となりますため、19時以降にご来場の場合500円は不要、
他フロアへのご入場はいただけません

9/9

Grapass Academy

session 04.

“Swiss Typography 3”

Time : 2012.11.24 (Sat) 14:00-17:00
Venue : Academy Room (Trans Arts Tokyo 16F)
Ticket (w/tax) : 1,500yen (Advance), 2,000yen (Door)
Material cost:500yen

so+baによるワークショップ「Swiss Typography 3」は、昨年の「Swiss Typography 2」に引き続き3回目となり、講義と実践のパートにより構成されます。先ず、スイスの政治的プロパガンダに紐づいたスイス・タイポグラフィーの講義を行います。スイスはユニークな直接的民主主義の国で、政治的ポスター文化が長年のあいだ根付いています。そして、「ウォール外を占拠せよ」「anonymous」「草の根行動主義におけるデザイン言語」など現代の活動事例を取り上げます。実践パートでは、限られた道具と材料によりタイポグラフィーを制作します。

※会場受付にて、資材費500円を別途いただきます

※会場エントランスにてTrans Arts Tokyo参加料 500円が別途かかります

※規定人数に達し次第、販売を終了させていただきます

so+ba

Graphic Designer / Art Director

スイス人のAlex SondereggerとSusanna Baerによる、日本拠点のデザイン・ユニット。2001年に東京にて「so+ba」を結成。スイスと日本で培ったデザイン/広告業界での経験と、異なる2つの文化への深い理解を生かし、異文化間のコミュニケーションに特化した制作活動を行なっている。グラフィック・デザイン、アートディレクション、サウンド・ヴィジュアライゼーションなどの分野で活躍する一方、多摩美術大学ではタイポグラフィを指導している。

www.so-ba.cc

4/4

session 01.

“タイムラプス撮影ワークショップ” by 菱川勢一・鈴木陵生

Time : 2012.10.21 (Sun) 16:00-18:00
Venue : Academy Room (Trans Arts Tokyo 16F)
Ticket (w/tax) : 1,500yen (Advance), 2,000yen (Door)

※当日はインターバル撮影が可能なカメラをご持参下さい

※会場エントランスにてTrans Arts Tokyo参加料 500円が別途かかります

※規定人数に達し次第、販売を終了させていただきます

Seiichi Hishikawa /
Drawing and Manual

Filmmaker, Art Director, Photographer

1969年東京生まれ。音楽業界からキャリアをスタートさせる。1991年にNYへ移住、映像業界へと転身。帰国後はフリーの映像作家、舞台演出家として活動し、その後グラフィックデザインと映像を複合的に手がけるDRAWING AND MANUAL社の設立に参画。2011年、NTTドコモのCMでカンヌライオンズ3冠獲得。同年、初の個展を開催する。

http://seihishikawa.com

1/4

session 02.

“2nd Cycle”

Time : 2012.11.4 (Sun) 14:00-16:00
Venue : Academy Room (Trans Arts Tokyo 16F)
Ticket (w/tax) : 1,500yen (Advance), 2,000yen (Door)
Material cost:500yen

破棄される予定だったイスを使用した家具のリニューアルワークショップ。プロダクトと所有の関係について考えながら、簡単な工具と、アレンジ用の座面によって、参加者の皆様には自由に自分だけのオリジナルスツールを製作していただきます。

協賛 : コトブキシーティング株式会社/富士ひのき加工協同組合

※会場受付にて、資材費500円を別途いただきます

※基本的な工具は用意させて頂きますが、
 ご自身が製作に使いたい道具や材料は別途ご持参ください

※製作したスツールは、お持ち帰りいただけます

※会場エントランスにてTrans Arts Tokyo参加料 500円が別途かかります

※規定人数に達し次第、販売を終了させていただきます

※チケットの売り上げは、もりDESIGN PROJECT 活動基金 とさせて頂きます

Shuzo Okabe /
upsetters architects

Architect

1980年 愛媛県生まれ。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 環境デザインプログラム 修士課程修了。2004年より "upsetters architects" 主宰。「新しい時代のための環境」を目指して、建築、インテリア、イベントなど、都市のアクティビティに関わること全般をデザイン対象として、分野を横断して活動を続ける。JCDデザイン賞金賞、グッドデザイン賞、iFデザイン賞など、国内外での受賞歴多数。

www.upsetters.jp
www.shuzookabe.com

2/4

session 03.

“未来のデザイナーのあるべき姿”トークセッション

Time : 2012.11.17 (Sat) 14:00-16:00
Venue : Academy Room (Trans Arts Tokyo 16F)
Ticket (w/tax) : Free

AODJの目的でもある「分野や国を超えて交流/協働することで、新たな可能性(市場)と機会(ビジネス)を創造する」為に、デザイナーができること、デザイナーにとって必要なこととは?を、創立メンバーである川上俊、川村真司、太刀川英輔3人が参加者とともに考えます。

※会場エントランスにてTrans Arts Tokyo参加料 500円が別途かかります

※規定人数に達し次第、販売を終了させていただきます

AODJ

Shun Kawakami / artless
Masashi Kawamura / PARTY
Eisuke Tachikawa / NOSIGNER

デザイン及びクリエイティブの分野で活躍し、広範なネットワークを通して国際的に活躍する若手デザイナーが参加し、デザイン分野、産業、言語、国を超えて協働し、それぞれを繋ぐことで、新たな可能性と機会を創造すること応援するコミュニティです。香港の若いデザイナー達が集まり、香港を拠点として様々なプロジェクトを通して展開する活動に賛同して、この度デザイナー有志が発起人となり、AODJをスタートしました。

www.aodj.org

3/4

Open Studio / Gallery Pt1.

10.21 Sun - 11.4 Sun

#1604 / #1608A

“存在しない映画、存在した光景”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Seiichi Hishikawa /
Drawing and Manual

Filmmaker, Art Director, Photographer

1969年東京生まれ。音楽業界からキャリアをスタートさせる。1991年にNYへ移住、映像業界へと転身。帰国後はフリーの映像作家、舞台演出家として活動し、その後グラフィックデザインと映像を複合的に手がけるDRAWING AND MANUAL社の設立に参画。2011年、NTTドコモのCMでカンヌライオンズ3冠獲得。同年、初の個展を開催する。

http://seihishikawa.com
http://movienotexist.com

1/6

#1607A

“UK GRAPHICS”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

+81 Gallery

+81Gallery+Labは、カプセル・コンセプト・ギャラリーをテーマに、国内外の若手アーティストの作品を展示紹介するほか、展示、作品集の制作、販売から海外展開までの一環サポートを掲げ、若手アーティストの育成を図るプロジェクトとしてスタートしました。小さなスペース・ギャラリーから若いアーティストが、世界に向かい飛躍するためのリアルな実験的ギャラリーを目指しています。

www.plus81.com

2/6

#1607B

“+81 VOYAGE”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Wataru Yoneda

Photographer

1977年、東京生まれ。97年より石塚憲之氏に師事し、2000年、立教大学法学部及び東京綜合写真専門学校を卒業。スタジオエビスを経て、1年間の海外放浪後、03年よりフリーランスのカメラマンとなる。多数の雑誌、広告等で活動し、「+81Voyage」では数号に渡って撮影を手がける。個展に「doze」ギャラリー・イヴ(05年・東京)、受賞歴に上野芳一写真賞 アド・メイト賞など。

www.wataru-yoneda.com

3/6

#1608B

“upsetters architects #1608B”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Shuzo Okabe /
upsetters architects

Architect

1980年 愛媛県生まれ。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 環境デザインプログラム 修士課程修了。2004年より "upsetters architects" 主宰。「新しい時代のための環境」を目指して、建築、インテリア、イベントなど、都市のアクティビティに関わること全般をデザイン対象として、分野を横断して活動を続ける。JCDデザイン賞金賞、グッドデザイン賞、iFデザイン賞など、国内外での受賞歴多数。

www.upsetters.jp
www.shuzookabe.com

4/6

#1609A

“輪転 -rinten-”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

Daisy Balloon

Artist

Daisy Balloon は、世界を舞台に活躍するバルーン・アーティストRie Hosokai(細貝 里枝|1976年)とアートディレクター、グラフィックデザイナーのTakashi Kawada(河田 孝志|1976 年)からなるバルーンユニット。

www.daisyballoon.com

5/6

#1609B

“HIKARI”

Time: 12:00-19:00 *closed on Monday & Tuesday

OHGUSHI

Illustrator

1977年生まれ。アーティスト。筆と墨という日本古来の道具を用いて、繊細かつ大胆なタッチによってモダンで印象的な女性像を描き出す。近年はジャンルに捕われない独自の技法と世界観で、百貨店、国内外のファッション・ブランドなどの広告ヴィジュアルを数多く手がける。海外のアート書籍、展覧会などにも多数参加している。

www.ohgushi.jp

6/6

VENUE

Trans Arts Tokyo

(旧東京電機大学校舎11号館 16階)

東京都千代田区神田錦町2-2

www.kanda-tat.com

FLOOR MAP

Trans Arts Tokyo 16F

ABOUT

世界30カ国に流通しているクリエティヴ雑誌「+81」が、2009年から世界の様々なジャンルのトップ・クリエイターを招き主宰開催するクリエイティヴ・イベント。カンファレンス、エキジビション、ポートフォリオ・ヴューイング、workshop、など多彩な内容と質の高さで、瞬く間に世界有数のクリエイティヴ・イベントとして認知されている。毎年秋、東京で開催されているが、海外での招聘開催も2010年、米国スミソニアン美術館でのシンポジウム、2011年フランス、国立ポンピドゥーセンターでのエキジビション、シンポジウム、Work Shop、ポートフォリオ・ヴューイングなどが実施され大きな話題となった。

特にポンピドーセンターでは、「Graphic Passport」最高の動員数、開催2週間で約8万人の来場者を迎え、イベントへの高い関心と内容の質の高さをパリ市長、ポンピドゥー館長からも絶賛された。2012年は、サンパウロ、ムンバイで、「International Photographic Passport」として、新たに写真分野に おいて、どのような展開をするのかを期待されている。